2007年01月17日

震災12年

1月17日。

震災を経験した私達にとって、
決して忘れられない日。


当時、私は24歳で、就職3年目でした。
まだSEやってた時です。

物凄い揺れと共に目は覚めましたが、まだ暗かったので
その後の恐ろしいまでの街の姿は想像できませんでした。

その後、少しずつ情報が入ってきて、
どうやら神戸駅前にあった事務所までは
電車では行けそうに無く、休もうと。

ところが、どうしても湊川まで行く用事があったため、
止む無く車に乗ってでかけたところ、

道路はひび割れしてる、
信号は作動していない、
もちろん大渋滞は起きている、
更にあちこちで火が出ている・・・

それらを見て、初めてエライことになってると気づきました。


仕事は1週間、ほとんど何もできませんでした。
幸い2月からは、新三田にその年開校する
関学三田キャンパスでのプロジェクトがあったので、
約2ヶ月はそっちに通い詰めでした。

それでも事務所には時々顔を出さないといけなかったので
動いている交通機関を駆使して行きましたねぇ。


あれから12年も経つと、
正直忘れてしまってる事が多いです。
電気や水が使えることなんて、当たり前やもんね。


震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
また、これらの経験を忘れないようにしたいです。


posted by まさやん at 23:47| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。