2007年12月04日

日本人で良かった

昨日の韓国戦が事実上の決勝と言えども
今日負けると何にもならない。


ダルビッシュが満を持して先発。
でも、いつもの彼には程遠い内容。
それでも5回までゼロに抑えるのはさすが。

打線は初回の1点だけで苦しく、
遂に6回に逆転弾を浴びてしまう。
しかし、このホームランがジャパンに火を点けた。

村田の死球の後、稲葉が1・2塁間を破る。
1点が欲しいところで送りも考えられたが
ここは稲葉のバッティングに期待したんやね。
それに見事に応えたこの打席がまずキーポイントやった。

そして村田に代走・宮本が送られる。
どうしても2・3塁にするんやって采配。
そして、それが見事に的中する。
それどころか無死満塁に。
宮本のスライディング、気迫満点。

そして、次のキーとなったサブローの打席。
普通では満塁のスクイズはまぁありえない。
それでも、ここで一気に勝負をつけるということか。
失敗したら同点も無くなるかもしれないキツイ場面。
それでもサブローは見事にスクイズを決めたのでした。

この時点で同点になったけど、
流れ・勢いは完全にジャパンに来た。

西岡が打席に入る。
彼が登場する度に

「にしおか〜すみこだよ〜」

と言って遊んでましたが
今日の勝ち越しタイムリーを打った瞬間から
「西岡と言えばツヨシ」に改めました。
もうこれでもらったね・・・

と言いたかったけど、
まだ相手も3回攻撃がある。
となると、どっかで我らが球児が投げる。
1点差で球児・・・正直ちょっと怖い。

「宗リン、頼むからもう1本!」

ちゃんとそれに応えてくれた。
更に青木、新井、阿部ちゃんと続く。
これで5点差。もう大丈夫やろう。


ダルがもう1回投げて結局7回2失点。
悪いながらこれだけ投げてくれた。


そして8回。球児が登場。
我が子を送り出す心境で見守る。
「うちの子が皆に迷惑かけへんやろか」
的な気持ちで見ていた虎ファンも多かったやろう。

三振・西岡のファインプレーで2死。
そして、先程逆転2ランの4番打者。
最後はストレートで打ち取った。
あー、良かった。


9回には、ほぼタイガースの新井がトドメの2ラン。
いや〜、こんなバッターが来季はうちにくるなんて。

守護神はもちろん上原。
ランナーを出すもゲッツーで試合終了!

07120301.jpg

星野さんの胴上げ。あの日以来やね。


昨日ほどのドキドキはなかったけど
今日を含めてこの3日間、楽しかった。

そして、来年も野球が熱くなりそうです。



【関連する記事】
posted by まさやん at 01:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。